【決定版】フランチャイズ成功の秘訣 » フランチャイズと起業。成功率が高いのはどちら?

フランチャイズと起業。成功率が高いのはどちら?

脱サラをして自分で事業をする際は、「フランチャイズ」と「個人起業」という2つの選択肢があります。ここでは、フランチャイズと個人起業の成功率を紹介。

成功率を左右する?フランチャイズと個人起業の違い

起業をする際は、フランチャイズと個人起業に分かれます。

フランチャイズ

フランチャイズとは、独立したい人と経営ノウハウを持っている本部の間で結ばれる契約のことです。

独立したい人は加盟金や売上の数パーセントを本部へ支払うことで、本部のブランドや経営ノウハウを使ったビジネスを始めることができます。未経験の業界でも比較的簡単に始められるのが魅力です。

フランチャイズは、コンビニエンス・ファストフード店・老人ホーム・ホテル・リフォーム業など、幅広い業種があります。初めての起業を成功させたい人向きです。

個人起業

個人起業は会社に所属することなく、自分で事業開始の準備や経営などをイチから自分で行います。

商品や販売価格などを自分で決められるので、フランチャイズよりも経営の自由度が高くなっているのが魅力です。ルールに縛られず好きなように働きたい人に向いています。

それぞれのメリット

自分で事業を始めるからには、自分にメリットのあるものを選びたいですよね。

経営ノウハウやメニューを提供してもらえるフランチャイズと、すべてをイチから始める個人起業では特徴が異なり、それぞれ違ったメリットがあります。

ここでは、フランチャイズと個人起業のメリットを紹介。どちらのメリットが自分に合っているのかチェックしてください。

フランチャイズと個人起業のメリットを詳しく見る>>

それぞれの成功率

起業する人は、誰もが成功したいと考えているはずです。失敗しないためにも、フランチャイズと個人起業の成功率を知っておきましょう。

ここでは、フランチャイズと個人起業の成功率やフランチャイズが成功する理由などを紹介。5年後にどれぐらい事業が生き残れるのかわかるので、ぜひ参考にしてください。

フランチャイズと個人起業の成功率を詳しく見る>>