【決定版】フランチャイズ成功の秘訣 » フランチャイズと起業。成功率が高いのはどちら? » それぞれの成功率

それぞれの成功率

このページでは、フランチャイズで経営をした場合と個人で起業した場合の成功率を紹介しています。自分で事業を始めたい人は、チェックしてください。

フランチャイズと個人起業の成功率

フランチャイズで経営をした場合と個人起業をした場合の成功率をまとめています。

個人起業

・成功率:25%(5年以上継続率)

個人で起業した場合、約40%が1年以内に廃業。5年後に経営を継続できている人の確率は約25%となっています。経営を始めてから5年後まで成功し続ける割合はわずか4分の1という結果を見ても、個人起業をするのがいかに難しいかわかるはずです。

フランチャイズ

・成功率:60~70%

フランチャイズは成功ノウハウを利用した経営のため、業界経験がない人でも研修を受けると起業できるシステムです。そのため、成功率はとても高く5年後の事業継続率は個人起業の約3倍の60~70%といわれています。

成功率を見ると、フランチャイズのほうが個人起業よりも成功率が高いのは明らかです。

フランチャイズが成功する理由とは?

同じ起業でも、個人起業と比べると高い成功率を誇っているフランチャイズ。成功する要因として「経営ノウハウを提供してもらえる」ことが挙げられます。イチから経験を積んで経営ノウハウを確立するよりも、フランチャイズに加盟して貴重な経営ノウハウを提供してもらったほうが、成功する確率は高くなるのです。

また、ブランド力もフランチャイズの魅力のひとつ。宣伝費をかけなくても集客が期待できます。

フランチャイズで失敗する人の特徴

成功率が約70%と高い数字を誇るフランチャイズですが、残りの約30%の人はどのような理由で失敗しているのでしょうか?

他力本願

すべてフランチャイズ本部にどうにかしてもらおうと考えている人は、失敗しやすい傾向があります。経営のノウハウを教えてもらえるとはいえ、いち経営者になるということは個人起業と変わりません。自分で積極的にアイディアを出すことも大切です。

お客さんの視点に立っていない

最初のうちはフランチャイズのブランド力で集客できたとしても、お客さんの視点に立って経営をしなければ、お客さんは離れていきます。

仕方なくやっている

フランチャイズをする人の中には、「就職先がなかったから…」とマイナスの理由で始める人がいます。事業を拡大する気がなければ、経営が上手くいくはずがありません。