【決定版】フランチャイズ成功の秘訣 » 成功率高め!成長中のおすすめフランチャイズ紹介 » コンビニ » ファミリーマート

ファミリーマート

このページでは全国に展開しているコンビニチェーン店ファミリーマートのフランチャイズについてまとめています。開業資金やロイヤリティなども詳しく紹介しているので参考にしてください。

ファミリーマートの特徴

資金面でのサポートが充実している

フランチャイズ経営をするうえで最初の壁と言えるのが開業資金。ファミリーマートでは、開店準備手数料100万円の免除や加盟金の融資など、さまざまなプランが用意されています。低資金で始めたいオーナーにはうってつけです。

ファミリーマートならではの集客力

多様化するニーズに応えることで高い集客力を保ち続けれるファミリーマート。無印良品や有名アニメとのコラボ企画は大きな集客に貢献しています。また、Suicaカードの導入やクーポン発行など、他社を驚かせる新サービスを積極的に提供。集客力があるのはオーナーにとって大きな強みと言えるでしょう。

総収入を本部が保証してくれるサポートあり

コンビニ名の由来である「家族のように、共に発展していく」をモットーとしているファミリーマート。その言葉を体現しているのがサポート制度です。年間の総収入が一定額に達していなければ、本部が収入を保証。24時間営業で2,000万円、16~24時間未満の営業で1,600万円の最低保証してくれます。加盟プランによっては、水道光熱費まで一部負担してくれますよ。

複数店舗経営がしやすい制度を用意

ファミリーマートではオーナーに対して複数店経営を奨励。そのため、2店舗目の開業しやすくする制度を2つ用意しています。「1FC 複数店奨励金制度」は店舗数に応じて奨励金がもらえ、「2FC 複数店経営制度」はオーナーが土地・建物が用意できなくても低資金で複数店が経営できる制度です。2つの制度を利用して5店舗、10店舗と拡大させているオーナーがたくさんいます。

ファミリーマートの初期費用

  • 加盟金:50万円
  • 初期導入費:300万円
  • 保証金:0円

ファミリーマートの契約タイプは「1FC-A」「1FC-B」「1FC-C」「2FC-N」の4種類。「2FC-N」には融資制度があり、150万円(加盟金・開業準備手数料)を本部が融資してくれるので、初期費用を抑えることができます。

ファミリーマートのロイヤリティ

  • 1FC-A
    営業総利益の36~49%
  • 1FC-B
    営業総利益の39~52%
  • 1FC-C
    営業総利益の49~59%
  • 2FC-N
    営業総利益の59~69%

ファミリーマートのロイヤリティは契約タイプによって異なります。「2FC-N」は初期導入費を抑えられる代わりにロイヤリティは高くなっているのが特徴です。

ファミリーマートの収益モデル

24時間営業の場合:年間2,000万円を保証

24時間未満の営業の場合:年間1,600万円を保証

総収入最低保証が魅力のファミリーマート。加盟店の年間総収入が一定額に達しない場合は、本部が総収入を保証してくれます。営業利益の保証ではないので、注意してください。

ファミリーマートの口コミ

  • 16歳でコンビニのバイトをはじめ、20歳でファミリーマートに入社しました。それから9ヵ月後にはインターン独立制度を利用して自分の店舗を持つことに。周囲には心配するひともいましたが、ファミマの開発担当者は「頑張っていこう!」と背中を押してくれました。今は3年後に5店舗まで増やすことを目標に工夫と挑戦を続けています。(20代・男性)
  • 親の後を継いで小さな酒屋を経営していたのですが、49歳のときにコンビニでの独立・起業を決意。「親からもらったものではなく、自分でなにか成し遂げたい」という気持ちからです。結局ファミマを開業してからも酒屋は続けており、今ではコンビニと酒屋を合わせて6店舗経営する忙しくも充実した日々を送っています。(50代・男性)

ファミリーマートの所在地

本社:東京都豊島区東池袋3-1-1 サンシャイン60 17F