【決定版】フランチャイズ成功の秘訣 » 成功率高め!成長中のおすすめフランチャイズ紹介 » コンビニ » セブンイレブン

セブンイレブン

このページでは、コンビニ業界トップのセブンイレブンが展開しているフランチャイズの開業時に必要な資金や特徴、開業者の評判などをまとめています。

セブンイレブンの特徴

自分に合った契約タイプが選べる

土地・建物をもつ方には販売計器やコンピュータのみを本部が用意するAタイプ。土地・建物をもたない方でも店舗の土地・建物を本部が用意するCタイプなどが用意されています。手元の資金が少ない方でも始めやすいところが魅力です。

3つの制度とシステムで安定運営

小規模な資金で安定した経営が始められる決済・融資の仕組み「オープンアカウントシステム」、加盟店と本部が一定の利益を分ける「粗利分配方式」、年間総粗利益額を保証する「最低保証制度」で着実な成長を支えます。また、水道光熱費を本部が80%負担、不良品原価も15%負担してもらえます。

業界ナンバー1の商品力とサービス力

コンビニ業界絶対王者のセブンイレブンは、圧倒的な商品力が強みです。高品質のオリジナル商品や、ちょっと贅沢なシリーズ展開で幅広い世代にアピールしています。「日本経済新聞賞」を受賞したセブンカフェなどで顧客のニーズや新たなマーケットを開発してきた実力は経営者にとって心強いですね。

充実したサポート体制

加盟店をバックアップする制度が多彩です。経営相談や商品開発、広告宣伝、会計簿記など基本的なサービスはもちろん、年間の粗利を保証する最低保証制度や福利厚生や従業員のケガへの見舞金なども充実。働く人のためのサポートに安心感があります。

セブンイレブンの初期費用

Aタイプ:300万円(販売計器やコンピュータのみ本部が準備)

  • 研修費:50万円
  • 開業準備手数料:100万円
  • 自己資本:150万円

Cタイプ:総額250万円 (土地・建物は本部が用意)

  • 研修費:50万円
  • 開業準備手数料:50万円
  • 自己資本:150万円

※税別

Aタイプ・Cタイプ、いずれも契約期間は15年間です。Cタイプは土地と建物を本部が用意してくれます。

セブンイレブンのロイヤリティ

セブンイレブンチャージと呼ばれています。売上総利益に対し、スライドチャージ率を乗じた金額(AタイプとCタイプで異なる)になります。

  • 2017年9月1日に改訂、1%特別減額
  • 5年経過後、条件によってはチャージ率が減少

売上総利益に乗じたロイヤリティが課されるので、売上が少ない時でも負担になりにくいと言えます。

セブンイレブンの収益モデル

収益モデルの記載なし

ロイヤリティ:セブンイレブンチャージと呼ばれ、売上総利益に対し、スライドチャージ率を乗じた金額

5年後以降、条件によってはチャージ率が減少

オーナー総収入最低保証あり:

  • Cタイプ(土地・建物本部が用意):2,000万円(24時間営業/年間)
  • Aタイプ(土地・建物あり):2,200万円(24時間営業/年間)

収益モデルの情報はありませんでしたが、総収入最低保証をはじめとした収入面での多彩なサポートが受けられます。

セブンイレブンの口コミ

  • もともとはリフォーム店を自営業でやっていたのですが、父の他界を機に転職を決意しました。今は妻と一緒にコンビニを切り盛りしています。私のお店の成功は先にフランチャイズで開業した先輩オーナーたちのアドバイスと助力があってこそです。先輩方は本当に心強い存在だと感じています。(40代・男性)
  • 商社に30年勤めて副部長にまで出世。しかし、50代に入ると独立を考えるようになりました。自分に24時間営業のコンビニが経営できるのか不安もありましたが「セブンイレブンで売ってる食べ物は全部おいしい」という妻の言葉に、「やるならここしかない!」と開業を決意。店を始めてからわずか3ヵ月でラクに経営をまわせるようになりました。この調子で行けば会社員時代よりいい給料が確保でそうです。(50代・男性)

セブンイレブンの所在地

本社:東京都千代田区二番町8番地8