【決定版】フランチャイズ成功の秘訣 » 成功率高め!成長中のおすすめフランチャイズ紹介 » 高齢者向けサービス

高齢者向けサービス

日本は今、65歳以上の高齢者人口が3,000万人を超える超高齢化社会を迎えています。そのため近年、高齢者向けビジネスへのニーズが高まっているのです。

ここではフランチャイズにおける高齢者向けサービス業界の状況とおすすめ企業を解説。事業を始める参考にしてください。

高齢者向けサービス業界のおすすめフランチャイズ企業

まごころ弁当、配食のふれ愛

「まごころ弁当」「配食のふれ愛」を展開する宅食の会社「シルバーライフ」。

「スケールメリットを活かした価格競争力」と「1,000品目以上の素材を活かしたクックチル方式の商品」が特徴。収益・コスト・商品力どれをとっても申し分のない事業のようですね。初期投資ゼロで開業できるので、気軽にビジネスを始められそうです。

まごころ弁当、配食のふれ愛のフランチャイズ情報を詳しく見る>>

ニコニコキッチン

ソーシャルクリエーションは、高齢者向けの宅食ビジネス「ニコニコキッチン」を展開。

栄養バランスに優れた完全調理済みのものを毎日届けることを理念としています。自身での調理が難しい方や、自炊しても栄養に偏りが出てしまう方に喜んでもらえる、厚い信頼が得られる事業です。

ニコニコキッチンのフランチャイズ情報を詳しく見る>>

ク二カネクスト

ク二カネクストは、要介護&要支援予備軍へダイレクトにアプローチする訪問医療マッサージを行なっています。

医療保険適用のビジネスのため、安定した収入が得られるのが特徴。低資金での開業が可能で、顧客のリピート率が高いという強みがあります。

ク二カネクストのフランチャイズ情報を詳しく見る>>

高齢者向けサービス業界の今後の展望

日本は約5人に1人が高齢者という超高齢化を迎えており、さらに2025年までは5年ごとに約200~300万人ずつ後期高齢者が増えるとされています。高齢者向け市場の規模は、2012年の68.5兆円から2025年には107.6兆円にまで到達すると予想。今後の成長に期待が高まっています(みずほ銀行産業調査部資料)。

大きく分けて高齢者向け市場は、介護保険が適応される「介護産業」、医療保険が適応される「医療・医薬産業」、日常生活に関する「生活産業」の3分野にわかれます。いずれも高齢者の増加が確実視されていることから、今後大きな成長が見込まれているのです。